2012年10月 4日 (木)

テスト?

久しぶり・・・

と言うか、まったく書くのを忘れていました。
FBや、twitterなどが、普及してきてそちらも使いこなせないまま。
徒然に、書きつくろってゆきましょうかね。お付き合いよろしく。
T’s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

明日から、

沖縄に入ります。

すでに梅雨が明けている沖縄、楽しみです!!

どんな人との出会いがあるのか?お会いできるのか?

いつもワクワクしています。

5日の、セミナーにたくさんの方がおいで下さることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

セミナー

T'sです。

スタジオメンバー様の希望もありまして、T'sセミナーを開きました。

30名ちかい方が参加下さり、あっという間の1時間半。私にとってはごくごく当たり前のことですがやはり一般の方には新鮮な情報なのですね・・・

改めて、コマメに情報を発信することの大切さを思い知らされました(汗)

現代社会に予防手法の確立とスタンダード化を目指すときに、するべきことは山積です。

さまざまな情報が入り乱れ、受けてである消費者は判断に迷います。その指標になる基礎知識でも持っていただくことが出来れば。。。

日々走り回って、仕事を頑張っているつもりになってますが、もっともっと知恵を使ってチャレンジをしてゆきます。

遺伝子解析サービスのほうも日本向けのシステムを早く作る必要があります。

梅雨に入って、いきなりの雨!うっとうしいか?風情と見るか?

人は、素晴らしいですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

ホームページに追加が!

トップページを含めて、少しリニューアルしました。

遺伝子分析サービスも含めて、T'sの方向性を少し分かりやすくしたつもりです。

スタジオ内のことも、スタッフのダイアリーを追加し

日々の出来事や、メンバーさんのビフォアアフターの情報、

予定されているイベントの案内など、これまで以上に動きが出るようにしたつもりです。

どうぞ、これまで以上にご愛顧くださいませ。<T's>

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年7月 5日 (木)

BIOTECH CHINA 2007 初日

初日は、あいにくの雨でしたが沢山の来場で、賑わいました!

その空気の一部でも伝われば・・・

「SANY0205.JPG」をダウンロード

「SANY0200.JPG」をダウンロード

「SANY0218.JPG」をダウンロード

「SANY0226.JPG」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月30日 (土)

BIOTECH CHINA 2007

T'sです。

久しぶりの更新です。年初に少し記載しましたように、今年はとても重要な一年になります。上海での、遺伝子分析の事業もここまでの半年間で、準備を整える事ができ日中の合弁の企業としてスタートする事ができました。

今回、上海で開催される「BIOTECH CHINA  2007」に出展する事を計画し忙しくしてきました。お陰で、無事にブースを出す事ができます。正式には「中国国際生物技術博覧会」で、7月の4日から6日までの三日間で開催されます。

先だって、東京のビックサイトで6月20日から22日まで「アジアバイオフォーラム」が開催され、私の恩師の加藤名誉教授も大学からの出展をされ講演も行われました。私は、もちろん初日に駆けつけて最先端のバイオの技術の、アカデミックな空気にどっぷりと浸ってきました。

時代は、現代医学のフォローをする形で様々な角度から多種多様な試みが進行しています。治すと言う事だけが独立した技術ではなく、

早期発見!更には、

早期予測!!

そしてその正確な情報を元に「個別オーダーメード」での治療や投薬それ以前の健康管理、疾病の予防と、全てがリンクし効果を出す事になってゆくでしょう。

我々のしようとしている事は、その中でも「早期予測」に関わる事業です。

まだまだ、研究室の中での特別な領域を出ない「遺伝子分析」ですが、少しずつ民間での実用化が見えてきています。

聞き取りミスや、ヒアリング能力に左右される「カウンセリング」や、その瞬間のコンディションを知るだけの「検査」では十分な正確な情報を得る事は難しいことは、すでに分かっています。

個人の間違いの無い素養、もともとプログラミングされているデータの最たるもの、究極が「遺伝子情報」です。これは、個人のスキルによる聞き取りミスも無いし、瞬間の状態を表すものでもなく、個人そのものの間違いの無い「素質」です。

それを前もってきちんと知っておく事ができれば・・・

日々の健康管理や、定期健診をするときの頻度や注意項目の特定、発病したときの対処や治療方針、栄養コントロールやセラピーに素晴らしい威力を発揮する事は想像に難くないでしょう?

いずれにしても、ITの進化と共に、BTもまた、秒針分歩のスピードで進んでいます!その技術の国際博覧会が、今回のエキスポなのです。沢山の情報を楽しみにして、参加してきます。

T's

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

表層と深層

日々起きてくる出来事を、どのように捉えるか?

又、どのようにそこに気付きを得るかで結果はまるで違うものになるようです。同じものを見て同じ話を聞いても受取る側次第でまるでその影響は、別物になります。

セミナーで毎日毎日話をしながら、いつも思うことは、そこです・・・

出来事の表層と深層、話の表層と深層、これは永遠のテーマかな?

問題解決も、表層部分に対してであれば付け焼刃だし、病気も症状に対してだけなら対症療法と言うし。社会問題に対する政治も同様かな?本質に対する根本的対策がどれだけ打ち出せているのか?

と、その前に本質(深層)が理解できているのか?つかめているのか?が問題です。

現代疾患の深層的問題点は、生活環境の変化による身体への刺激の増加がもたらす「フリーラジカル」の発生増加!!原子や分子レベルでの異変の増加により菌も毒物も存在しないのに我々の身体コントロールに異常が発生する!!

深層部分への対策として「抗酸化の体内環境の日常化」が急務であると、早く常識化したいものです。

そんな、想いをこめたセミナーですが短い時間のこと、限られた言葉でどこまで真意が通じているのやら???

沢山の方々の協力が必要です!

<T's>

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

重症の怪我の体感

50代の男性の方です。

<最初の状況>
大型バイクの事故で、右足ひざ下を重症の大怪我。膝関節等広範囲にわたっての破砕、損傷。補助装具をつけるも可動領域は限定で、痛みも継続しており、ロキソニン(鎮痛消炎剤)を常用していました。
友人からの紹介で、FLを知りましたが、まるで信頼していませんでした。

しかし!
摂取する事で、あれだけどうしても取れなかった痛みが嘘のように軽減され、やがて鎮痛剤を飲まなくても良くなったのです。

、と、これまでの内容は、大阪などでのセミナーの体感報告でお話いただいていました。

昨日のセミナーでお会いしたとき、本人がいきなり
「先生!装具が取れたんですよっ!!」

私は何のことか、最初は良く分かりませんでした。が、ズボンのすそを開いて見せていただいた右足は、なんとサポーターだけになっていたのです。

そして更にビックリした事に、一枚のコピーを下さり、血液検査の変化も凄いものが有る事を報告くださいました。

継続的な薬物の投与で、様々な弊害が出ていたのですが2ヶ月少々でそれらが見事に修復しているのです。
ちなみに、中性脂肪は1,100以上だったのが正常値に、γGTP(肝機能)も正常値に、コレステロールも!!

本当に良かったですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

年頭に!

今年は、昨年に増して忙しくなります。

これまで暖めてきていた、企画の実現に向けて始動するからです。「T'sボディーサポート」は、ただのフィットネススタジオでは無い事はこれまでも表現してきましたが、システムとしてまだ完成されていませんでした。

それは、

おっと、それを言ってしまうと面白くありませんね(笑)しかしシステムを完全なものに近づけるには、どんなことが必要なのか少し考えをめぐらせて見れば、分かる人にはわかるでしょう。体のコントロールをするには、今の状態や、その人個人の個性的情報が必要不可欠です。それに基づいて、設計とプランニングをすれば確率はより高まります!

予防医学、代替医療、未病、と言った言葉はすでに当たり前になってきました。

でもまだ不十分です。これからは、もっと進んで

可能性における「予想医学(予測医学)」がその前に確立されることになるでしょう。

そのメカニズムを取り入れて、より確実な身体のコントロールを実現することで

T'sのシステムは完成されてゆきます。

今年は、それを実現するための重要な一年なのです。すばやい動きで、変化しますので乞うご期待です!!

あちこちでの講演も、しっかりメリハリつけますのでお聞き逃しなく。

年頭に当たり、私の事業における目標設定でした。

皆さんの、目標設定はいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

年の終わりに・・・

今日は、大晦日。

一日は変わらないはずですが、なんだか特別な気がしてしまうのは私だけでしょうか?

多分、明日のお正月もいつもと変わらない時間の流れなのでしょうけど・・・

スケジュールに追われずに、処理しないといけない事も決めないまま時間の中でボーっとしているといろんなことが頭をよぎります。

この一年間を振り返って、ゆっくりと考えてみました。何が変化して、何が自分にとっての成長で、どんな事で結果を残せたか、等など

他人にとってはどうでも良い事ですけど、私にとっては大切な事。と、思うと確かにそうです。他人にしてみればどうでもいいことですが本人にとってはとても重要な事が、世の中の全てではないか?人と人とのかかわりの中でそれぞれの大事な事が関わり合い、別の大事な事柄が生まれてゆく。それもすぐに時間という力の中で、薄れてしまい次々に新しいものに焦点が移動する。だから、一瞬の輝きが貴重なのではないか?

短い時間、小さな事柄を大事に考える事が一生懸命に生きる事。

今日の結論、

些細な一つ一つを大事に、来年も楽しんでゆこうと思ったのです。

初めての「暑い新年」を経験する南の島から、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«化学者と宗教